灯脱毛の仕組み

光線脱毛は、インテンスパルスライトなどのマシンにおいて、光線をあていきます。光線の労力は、ムダ毛の生える毛根における、黒色のメラニン色素に刺激を与えて、脱毛効果を鳴らす仕組みだ。クリニックで採用されているレーザー脱毛器物は出力が高い結果、攻略時も苦痛が硬いのに対して、光線脱毛はパワーが弱い結果、攻略ときの苦痛も緩やかなものです。つらいと感じるというよりは、甘く輪ゴムではじかれた程度というのがほとんどです。中には、ほとんど痛みを感じないマシンもあります。色素がねちっこい箇所だとか、スキンが無い箇所に関しては、若干の苦痛の強さはあるものですが、マシンはパワーのリザーブが可能です。サロンで脱毛をする時折、その人にあったパワーを調整しますので、痛みを感じる時折、担当に伝えてレベルのリザーブをしてもらうことも可能です。攻略は進展期によって行ない、1年代から2年代ぐらい繰り返してオペレーションを受けるため、少しずつムダ毛の毛量が減っていきます。